ヨダカパン・ねむのやが描く男性恐怖症の巨乳JKに精神科医が襲いかかるエロ漫画「タブー~精神科医と傷を負った少女~」は、BookLive!コミックで絶賛公開中。

この「タブー~精神科医と傷を負った少女~」が配信開始されると、オトナ漫画ランキング日間2位、週間2位、月間3位です。

ある日、主人公が勤める診療所へカウンセリングに来た一人の女子高生「柊 瑞樹(ひいらぎ みずき)」。

彼女は、ある事件で心に深い傷を負ってしまった。少し前までの彼女は、明るい性格で人気も高く、部活動に熱心だった。

しかし、ある日の帰り道彼女に行為を寄せていた男がストーカーと化してしまい…レ〇プ事件に発展。

懸命なリハビリの結果、徐々に回復し笑顔も見られるようになった頃、主人公の中に、医者としてあってはならない彼女への”好意”が芽生えてしまった。

彼女を手放したくない

僕がいないと生きていけないように…

それなら僕の手でもう一度…

彼女を裏切る行為だと分かっていても…医者としての禁忌を破るー…。

恐怖と困惑に震える姿があまりにも可愛くて…理性を失った精神科医は全ての信頼を壊すかように何度も傷を負った彼女を犯し続けるー…!!!というタブーなお話です。

その後、

体の調子は

どうですか?

…………

…最近は

眠れて

いますか?

…昼間…急に眠く

なることは…

あります…

……夜は……

眠れないです

日中に関しては

薬に副作用が

ありますからね

ただ、夜に眠れ

ないのは やはり…

…………

………ご両親の

ご様子は?

変に…明るいです…

無理…してます…

…………

しん…

彼女は、僕の質問に少し間を置いて

ポツポツと呟くように答える。

目線は僕と決して合わさず、

常に俯き気味で虚ろだ。

そして、その眼孔には光は宿らず、

沈んでいくような暗闇に染まっていた。

まさに心ここにあらず…と云った様子だった。

おそらく、自宅でも

ずっとこの状態なのだろうと

容易に想像がつく。

ご両親が必死になって

明るく取り繕おうとするのも

無理はない…。

しかし、焦ってはいけない。

まだ診療を開始してから

今回でやっと二度目だ。

時間をかけて、しっかりと彼女を

癒していくしか方法はないのだから。

食事は取れて

いますか?

お粥を少しだけ

食べてます…

今はそれで充分です

どうか無理をせず…

…………はい

通学はまだ

保健室登校の

形ですか?

…………はい

お友達との

連絡などは…?

…………っ…

ふっ…ひぐっ…

う、 ぅ、 ぅ…っ…

…どうしたの?

……って……

なんでも相談

乗るよ…って…

ふる

ふる

ぐすっ

ポロ…

ポロ…

と、友達は…っ…

み、 皆 心配して

くれて…っ…

ぐすッ…うッ…

ひっく…ひっくッ…

で、 でも…っ…

わたし…っ…!

連絡も返せ

なくて…っ…!

……大丈夫、

大丈夫です

落ち着いて…

ふるふる…

カタカタ

突如、彼女は堰を切ったかのように泣き出した。

体は小刻みに震え、

弱々しく か細い声には

しゃっくり鳴咽が混じった。

心配してくれる友人達に

返事さえ出来ない今の自分が、

とても もどかしいのだろう。

彼女のように共感性の高い人間は、

すぐに自分を責めてしまう傾向にある。

そんな自分への不甲斐なさを責める気持ちが、

彼女の中で焦りと混乱を呼び、

そうして心が ひとたび不安定になれば…、

鎌首をもたげたかの様に、

あの事件のことが

フラッシュバックする。

一分一秒でも早く頭の中から

消し去りたいことであっても

思い出さざるを得ない…。

典型的なPTSDの症状だ。

柊さんは

何も悪くない

ご友人達に

罪悪感を覚える

必要はどこにも

ありません

ひっく…

ひっく…

周囲に心配を

かけたくないのは

よく分かりますが…

ご両親の方から周囲に

事件のことは伏せた上で

何らかの説明をして

もらいましょう

……今は柊さんが

些細なストレスも

感じないことが一番

大切なんですから…

ぅ…ぐすっ…

…ひっく…

はい…

鳴咽の中で精一杯に

振り絞るように頷く彼女。

まだその瞳からは、

大粒の涙が際限なく

溢れ出てきている。

心療内科の医師という職業柄、

傷つき、負の感情に支配される

患者を診ることは多い。

だが、何年経っても

見慣れることはない。

私服に身を包んだ

年端もいかない少女が

体を震わせて悲しみ、

無力感と絶望感に打ちのめされて

恐怖に怯えている姿は、

あまりにも不憫だった。

…だが、目を背ける

わけにはいかない。

そんな彼女を

元に戻すことこそが、

僕の仕事であり、使命だからだ。

↓公式サイトはコチラ↓

試し読み39ページ無料

それでは「タブー~精神科医と傷を負った少女~」のあらすじをご紹介します。

あらすじ

ストーカーにより性的暴行を繰り返し受けたその美少女は、心に深い傷を負っていた。精神科医である僕は彼女のカウンセリングを担当し、長い時間をかけてようやく彼女に快復の兆しが見えた。だが、僕はいつの間にか彼女に心奪われていた。このまま完治ししたら僕は彼女と二度と会えなくなってしまう……焦る僕の頭に一つの考えが浮かぶ。そうだ、再び彼女を壊してしまえば――…。

引用:タブー~精神科医と傷を負った少女~

登場キャラクター

[柊 瑞樹(ひいらぎ みずき)]

学校のチアガール部に所属のJK。その輝かしい笑顔で観るもの全てを魅了していた。とある事件に巻き込まれるまでは…。ある夜道の公園で彼女のファンらしき中年の男に押し倒される。制服を剥ぎ取られ大事な処女まで奪われてしまった。

[精神科医(カウンセラー・主人公)]

診療所で「柊 瑞樹(ひいらぎ みずき)」をカウンセリングする精神科医。彼女の愛くるしい笑顔を前に医者としてあるまじき一つの思いに強く囚われるようになっていた。「彼女と離れたくない」一つの過ちにより性的衝動に駆られる。

[ストーカーの男(中年)]

夜道の公園で歩いていた「柊 瑞樹(ひいらぎ みずき)」に声を掛ける息が荒い中年の男。押し倒し胸を露出させるとプクッと膨れた乳首にベロチュー。イキリ立った肉棒をズボンから取り出し彼女の膣に生挿入。処女を奪った高揚感で中出ししてしまう。

[DQNの男二人組(金髪・黒髪)]

お洒落な格好で街で歩いていた「柊 瑞樹(ひいらぎ みずき)」をナンパする下心有りなDQNの男二人組。その中の一人、金髪ヤンキーが後ろから抱きつきオッパイを揉んでいると精神科医の圧倒的な覇気により退散する。

↓公式サイトはコチラ↓

試し読み39ページ無料

BookLive!コミック「タブー~精神科医と傷を負った少女~」を無料立ち読みする方法

まずは、お持ちのスマホ端末をご用意して下記の「タブー~精神科医と傷を負った少女~」の公式サイトURLをクリックしましょう。

★「タブー~精神科医と傷を負った少女~」の公式サイトURLはこちら↓
タブー~精神科医と傷を負った少女~ 試し読み39ページ無料

(1)「タブー~精神科医と傷を負った少女~」の専用ページから、「無料立ち読み」「続きを読む」のボタンをクリックします。

(2)「タブー~精神科医と傷を負った少女~」の購入画面が表示されますが、「無料試し読み」「今すぐ購入」のボタンをクリックします。

(3)「タブー~精神科医と傷を負った少女~」を立ち読みすることができます。

BookLive!コミックは、docomo/au/SoftBank公式サイトです。携帯電話の料金とあわせて月額コース料金を支払えるため、安心・安全にご利用いただけます。

[配信中のタイトル]

第1話:美しい少女が心に深い傷を負った理由~ストーカー暴行事件file1~
第2話:PTSDそして男性恐怖症へ~ストーカー暴行事件file2~
第3話:完治目前の少女を再び襲った悲劇~精神科医による凌辱file1~
第4話:何度も中に出され体も心も再び壊される~精神科医による凌辱file2~
第5話:少女との再会、彼女の告げた本心~求められた性行為~
第6話:私の初めて、全部あげます~少女の口の中に~
第7話:肉欲に溺れていく二人~歪んだ関係に気付きながら~
第8話:タブーの代償
第9話:卒業間近を控えて~二人の未来~

[詳細情報]

コミック名:タブー~精神科医と傷を負った少女~
著者:ヨダカパン・ねむのや
配信先:BookLive!コミック
配信話:9話完結
通常価格:1話 88ポイント/1ポイント1円

★「タブー~精神科医と傷を負った少女~」は、スマートフォン端末で以下の画像から公式サイトにアクセスしてください。

▼無料立ち読み・本編はコチラ▼

タブー~精神科医と傷を負った少女~

BookLive!コミック「タブー~精神科医と傷を負った少女~」のネタバレや実際に読んでみた感想をご紹介します

FANZA同人・コミックシーモアで同時配信されたヨダカパン・ねむのや待望の新作「タブー~精神科医と傷を負った少女~」が、2020年10月2日よりスマホ電子書籍サイトとして有名なBookLive!コミック(通称ブッコミ)で読めるようになりました!

読み方は「タブー~精神科医(せいしんかい)と傷(きず)を負(お)った少女(しょうじょ)~」というらしい。

チアガール部所属のヒロイン柊瑞樹ちゃんがとにかくエロ可愛い。

尚且つ胸もFカップと大人顔負けなのだから、ファンを名乗る中年のオッサンに襲われても仕方ないよねというのが第一印象。

正常位で処女を奪われ、後背位(バック)で連続中出しまでされちゃったら精神崩壊するのも肯けます。

(※この後、彼女を襲ったストーカーがどうなったかは本編で確かめてください。)

そんな壊れてしまった彼女を笑顔溢れる姿に戻すべく、診療所に勤務する一人の男(カウンセラー)が治療にあたる。

巨乳なJKが乳揺らして診療に来たらムラムラしちゃうのも生理現象なので仕方ないですね〜。

彼女を話したく無いと、邪な感情が芽生え性欲が暴走し、彼女の乳房を露出させパンツ越しに手マン・正常位・そこからの壁ドンセックス・中出し・フェラチオというシチュエーションに読んでいる側も興奮してしまいます。

恐怖で怯える彼女だったが、街で見かけたDQNにナンパされていたところ偶然通り掛かった精神科医が成敗。無理矢理抱かれたのに、彼女が惚れ込むのも分かる。

何だかんだで瑞樹ちゃんにプロポーズして二人仲良く入浴しながらエッチするシーンは新婚カップルのようで幸せそう。

妊娠過程やボテ腹セックス描写というマニアックな要素はありません。

こればっかりは次回作に期待ですが、臨場感溢れる胸の輪郭や乳輪がやらし過ぎてシコシコが止まらない。

田舎の一戸建てを買ったら「お嫁さん」がついてきた…!?というちょっぴり破廉恥な巨乳娘と子作りセックスするというねむのやさんの前作「嫁付き一戸建て」を彷彿とさせる展開に、大ヒット間違いなしですね。

BookLive!コミックTOPページから「精神科医と傷」と検索すると、スムーズに漫画紹介ページから無料で39ページ試し読み出来ますよ。

その他、「濡れ透けJ○、濡れ透けJ○その後、密室女子学生エレベーター連続生ハメ孕ませ交尾、泥塗の百合を君に捧ぐ。」で有名なヨダカパン・ねむのや独特の絵タッチによるリアルな世界観をご覧あれ。

ストーカーにより性的暴行を繰り返し受けたその美少女は、心に深い傷を負っていた。

精神科医である僕は彼女のカウンセリングを担当し、長い時間をかけてようやく彼女に快復の兆しが見えた。

だが、僕はいつの間にか彼女に心奪われていた。

このまま完治ししたら僕は彼女と二度と会えなくなってしまう……焦る僕の頭に一つの考えが浮かぶ。

そうだ、再び彼女を壊してしまえば――…。

それでは、ヨダカパン・ねむのやが描く中年のオジサンに処女を奪われた女子高生が理性を失った医者に再びトラウマを植え付けられるエロ漫画「タブー~精神科医と傷を負った少女~」はどのようなストーリーなのかあらすじやネタバレを少しだけご紹介します。

↓試し読み39ページ無料↓

9話完結 / 1話88ポイントで読める!!

その後、

体の調子は

どうですか?

…………

…最近は

眠れて

いますか?

…昼間…急に眠く

なることは…

あります…

……夜は……

眠れないです

しん…

彼女は、僕の質問に少し間を置いて

ポツポツと呟くように答える。

目線は僕と決して合わさず、

常に俯き気味で虚ろだ。

そして、その眼孔には光は宿らず、

沈んでいくような暗闇に染まっていた。

まさに心ここにあらず…

と云った様子だった。

心療内科に通う

一人の美少女

彼女の心の中に巣食う

闇とはー

1、2、3、4!

GO!GO!

SEIRAN!

GO!GO!

SEIRAN!

彼女は学校でチアガール部に所属していて

ほんの少し前までは その持ち前の明るさで

チームメイトを引っ張っていたらしい。

地域では有名で、大会でも毎年

上位に食い込む実力のある部だ。

文化祭で彼女たちが踊るとなれば、

校内外の多数の見物客が

それを目当てに訪れるという。

幼い頃は少し引っ込み思案で

心配なところもあったというが、

チア部に入ってからの彼女は

本当に毎日が楽しそうで

活き活きしていたと、

彼女の両親も語っていた。

彼女ーーー柊 瑞樹(ひいらぎ みずき)にとっては、

まさに生き甲斐そのもの

だったのだろう。

ーーーしかし。

あの事件のせいで、

その生き甲斐も

奪われてしまった…。

ガクガク

ふるふる…

ーーーでは、彼女をここまで

変えてしまった事件とは、

一体なんだったのか?

それはーーー…

秋空もすっかり夕闇に隠れ、

リーンリーンと鈴虫が鳴く頃、

彼女の姿は大きな公園内にあった。

歩道を進むより公園を突っ切った方が

ずっとショートカットになる為だ。

何より、誰もいないこの空間は、

まるで世界が自分だけのものになったようで

彼女の密かな お気に入りの場所でもあった。

じゃりっ…。

だが、この日は違った。

彼女だけしかいない筈の公園で

後ろから誰かの足跡が鳴ったからだ。

何気なしに、

彼女は後ろを振り向いた。

「はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…っ…」

其処には、息の荒い中年の男の姿があった。

息遣い、表情、佇まい、雰囲気。

男から発するその全てが、

「危険」であることを発していた。

…ドクン…ッ!

彼女の心臓が一際大きく高鳴った。

ーーーその次の瞬間だった。

あ、 あァッッ!

ドサッ

きゃ…ぁッ!

ふーッ…!

ふーッ…!

ふーッ…!

ぷるん…ッ

はッ

はッ

カタ

カタ

あ…ぁ…

あ…ッ…

……ぁ…っ…

ゴソゴソ…ブチンッ…!

実態を未だ呑み込めても

いない彼女の制服は、

その刹那 男によって

乱暴に引き裂かれた。

「はぁ…、はぁ…、はぁ…、

み、瑞樹ちゃんは処女?」

ぬち

ぬち

あッ…

男が、最後の理性を

振り絞るように投げかける。

彼女は命乞いをするかのように、

小刻みに必死に首を縦に振った。

「あぁっ…、やっぱりっ…

良かった…良かったぁ…!」

肯定の意を汲み取ると、男は

束の間、幼い子供のように

大袈裟に喜んでみせたがーーー…。

「それじゃあ…

瑞樹ちゃんの処女…、

ボクが貰っちゃうね」

次の瞬間、男の目の色と声色は

邪悪で狂暴なものへと戻っていた。

ぬち

ぬち

あッ…

やぁッ!!

はッ

はッ

はッ

「いやっ…いたあぁああああッッッ!」

その日、彼女の日常は

ぐいッ

はーッ…はーッ…

はーッ…

ぬっちょ

ぬっちょ

パンッ

パンッ

ガタガタ

生でこのまま

思いっきり

射精すからねッ?

瑞樹ちゃんに

ガッツリ種付け

するからね…ッ?

オジサンの赤ちゃん…

ちゃんと孕んでね?

……いや…ッ

ビクンッ

ビクッ

あぁ…っ…精子

のぼってきた…っ!

イク…ッ…

イクよッッ!

イヤァあアァぁッッッ!

汚され

メチャクチャに

壊された…

びゅくんッ

びゅくッ

どぷんッ

ビクビクンッ

ビクンッ

しかし、

長い治療と努力により

彼女は

徐々に回復していった

だが、それは

もうすぐ彼女と

会えなくなるということ

僕は今、

何よりそれを恐れていた。

……彼女と離れたくない。

それだけで頭がいっぱいになっていた。

しかし、残された時間は

もう僅かしかない。

どうすれば……

一体、どうすればいいというのか。

先生…

せんせいっ

センセ…ッ

先生…!

あぁ…、

そうか…

ーーー僕の手で、もう一度…。

にち…ッ

きゃあっ!!

ビクッ

ビクビクッ

せ…ん

せい…っ…?

ひっく…ッ

ぐす…ッ…

な、何をっ…

何をするん

ですか…っ?

……もちろん

治療ですよ

柊さんの

男性恐怖症を

直す為の…ね

さぁ、

本当に君が治っているか

確かめるために

これから試験をしますよ

続きは本編で♥

★「タブー~精神科医と傷を負った少女~」は、スマートフォン端末で以下の画像から公式サイトにアクセスしてください。

▼無料立ち読み・本編はコチラ▼

タブー~精神科医と傷を負った少女~

投稿日:10月 11, 2020 更新日: